マハーバーラタとラーマーヤナ

前川輝光 著

神々のドラマとしての『マハーバーラタ』から、人間のドラマとしての『マハーバーラタ』へ。インドはもとより、東南アジア諸国の宗教・思想・文化の歴史に巨大な足跡を残し、現在もインド人、とくにヒンドゥー教徒たちにとって活きて働く文化財であるヒンドゥーの二大叙事詩を新しい視点で読み解く斬新な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『マハーバーラタ』における裏切り-『三国志通俗演義』と比較して(『マハーバーラタ』のあらすじ
  • 『マハーバーラタ』における裏切りの諸相 ほか)
  • 第2章 インドネシアのマハーバーラタ-クレスノとブトロ・グル(『マハーバーラタ』、ジャワへ
  • クレスノとブトロ・グル ほか)
  • 第3章 『マハーバーラタ』と『バーガヴァタ・プラーナ』-クリシュナの変容(『バーガヴァタ・プラーナ』
  • 『バーガヴァタ・プラーナ』における『マハーバーラタ』再説部分 ほか)
  • 第4章 『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』-誓いの問題を中心に(ヒンドゥー教二大叙事詩
  • 『ラーマーヤナ』のあらすじ-誓いに注目しつつ ほか)
  • 付録 『マハーバーラタ』の人間群像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マハーバーラタとラーマーヤナ
著作者等 前川 輝光
書名ヨミ マハーバーラタ ト ラーマーヤナ
シリーズ名 ラーマーヤナ
マハーバーラタ
出版元 春風社
刊行年月 2013.4
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-365-0
NCID BB12555047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想