第一回普選と選挙ポスター

玉井清 著

初の普選、新戦術として脚光を浴びた選挙ポスター。政党や候補者はなにを訴え、有権者はどう臨んだか?希少な当時の選挙ポスターやビラ、立候補挨拶状や推薦状を紹介するとともに、第一回普選で繰り広げられた選挙戦の実際と有権者の政治への参加意識を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 選挙ポスター導入過程
  • 第2章 選挙啓蒙運動と有権者の意識
  • 第3章 政党の選挙ポスター
  • 第4章 候補者の選挙ポスター
  • 第5章 中選挙区制導入の影響について-東京選挙区を中心に
  • 第6章 政治啓蒙活動の新展開と行財政改革の提言-実業同志会と武藤山治
  • 第7章 政党の離合集散の影響について-革新倶楽部の政友会合流を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第一回普選と選挙ポスター
著作者等 玉井 清
書名ヨミ ダイイッカイ フセン ト センキョ ポスター : ショウワ ショトウ ノ センキョ ウンドウ ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 昭和初頭の選挙運動に関する研究

Daikkai fusen to senkyo posuta
シリーズ名 慶應義塾大学法学研究会叢書 85
出版元 慶應義塾大学法学研究会 : 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.5
ページ数 374p 図版32p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2018-0
NCID BB12530465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22253176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想