絶望論 : 革命的になることについて

廣瀬純 著

なぜ"絶望"しなければならないのか?"革命的になる"とは、どういうことなのか?ドゥルーズとゴダールを読解を通じて問う、いまこの世界に必要なこと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドゥルーズ、革命的になること-不可能性の壁を屹立させ、逃走線を描出せよ
  • 明解な世界に曖昧なフィルムを対峙させよ-ゴダール『中国女』をめぐって
  • 絶望が個に返されている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶望論 : 革命的になることについて
著作者等 広瀬 純
廣瀬 純
書名ヨミ ゼツボウロン : カクメイテキ ニ ナル コト ニ ツイテ
書名別名 Zetsuboron
シリーズ名 中国女 (映画)
出版元 月曜社
刊行年月 2013.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86503-000-6
NCID BB1247911X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22253213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想