肌絵の女 : 明治法廷ミステリー

和久峻三 著

親の借金のかたに、豪商近江屋駒吉のもとへ妾奉公に出されたお咲は、肌に極彩色の刺青を入れられ、駒吉の欲望の餌食にされる。しかし、葵祭りの夜、駒吉が行方不明となり、十二日後、お咲の家の裏庭から死体となって発見される。警察はお咲を犯人と決めつけ、自白をせまって陰惨な拷問を加える。事件の弁護に立った代言人落合源太郎は、怒りとともに真実の追求をはじめる。明治を舞台にした傑作法廷推理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肌絵の女 : 明治法廷ミステリー
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ハダエ ノ オンナ
書名別名 Hadae no onna
シリーズ名 ミステリー&ハードノベルス
広済堂文庫
出版元 広済堂
刊行年月 1996.2
ページ数 319p
大きさ 16cm
ISBN 4331604756
全国書誌番号
96062269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想