新編表象の迷宮 : マニエリスムからモダニズムへ

谷川渥 著

アルチンボルドからクレリチへ。「芸術と驚異の部屋」をくぐり、「幻想模倣」の表象空間を彷徨う「視」と「知」の冒険の旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幻想と寓意-ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 2 クリムトの蛇-世紀末ウィーンの美術
  • 3 透明のアラベスク-フランシス・ピカビア
  • 4 時間嫌悪者の彼岸-ルネ・マグリット
  • 5 バロックの風景-ファブリツィオ・クレリチ『ローマの眠り』をめぐって
  • 6 表象としての機械
  • 7 ピュグマリオン・コンプレックス
  • 8 皮膚の変容
  • 9 集積と稠密-ぎっしり/びっしりの美学
  • 10 ジャンルの解体-モダニズムの逆説
  • 11 無人の図像学
  • 12 橋のトポグラフィ-浮絵から浮世絵へ
  • 12 美術館という形象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編表象の迷宮 : マニエリスムからモダニズムへ
著作者等 谷川 渥
書名ヨミ シンペン ヒョウショウ ノ メイキュウ
書名別名 Shinpen hyosho no meikyu
出版元 ありな書房
刊行年月 1995.12
版表示 新装版
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4756695418
NCID BN13731106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96061894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想