マラリアvs.人間

ロバート・S.デソウィッツ 著 ; 栗原豪彦 訳

地上に残った最も重大な感染症のひとつ、マラリア。この病気を媒介する蚊は、今も世界の半数の人を死の恐怖にさらす殺人者だ。1962年、医師である著者はパプアニューギニアに赴き治療対策を行う。しかし20年後に再訪すると、マラリアはさらに猛威を振るっていた。薬に耐性をもつ病原体が、出現していたのだ。WHOは莫大な資金を投入、科学者はワクチン開発競争にしのぎを削ってきたはずだった。にもかかわらず、なぜマラリアに苦しむ人々は後を絶たないのか。医学者、製薬会社、そして行政。先進国のマラリアビジネスの謎を暴き、病禍を拡大させずにはおかない現代社会の構造に鋭くメスを入れる。熱帯医学の第一人者による、迫真のメディカル・ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マラリア、ふたたび
  • インド、小さな村の子どもの死
  • 「政府の病気」がやってきた
  • 黒熱病の真犯人
  • 新知識、新治療法、そして新たな流行
  • 世界保健機関(WHO)、救済に乗り出す
  • 恐竜を絶滅させたのはカラ・アザールか?
  • 妊婦アムポーンの死
  • 猿のマラリア、人のマラリア
  • 起源〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マラリアvs.人間
著作者等 Desowitz, Robert S
栗原 豪彦
デソウィッツ ロバート・S.
書名ヨミ マラリア タイ ニンゲン
書名別名 The malaria capers

Mararia tai ningen
出版元 晶文社
刊行年月 1996.4
ページ数 321, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4794962541
NCID BN14247539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96060265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想