決断できる人は2択で考える

石黒謙吾 著

「2択で考える」と聞くと、いわゆる「究極の選択」のように思われるかもしれません。かけ離れた対極のモノをどちらか選ぶ、というデジタルな考え方なのではないか、と。しかし実は正反体で、とてもアナログ的な思考なのです。「2択で考える」というのは「俯瞰してみて、まずは2つの方向にわけてみる」「長いヒモから境目となる場所を選ぶ」そんなイメージです。2択で考えられるようになると頭はクリアになり、好きな物を本能的に求めるようになり、なによりストレスがなくなります。ライフハックのように即効性はないかもしれませんが、整理整頓して考えることで思考の公式として定着する「頭の漢方薬」なのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 この世の中は2択であふれている(私たちは日々、数百〜数千の決断を繰り返している
  • 「生死」「男女」は人の根源にある2択 ほか)
  • 2章 「肌身の感覚」を研ぎ澄ませるには?(自分の好みを知っているから下せる一瞬の決断
  • 好みは、なるべく狭い範囲で考える ほか)
  • 3章 成功者に達人…センスのある人はみな「2択上手」(デキる人ほど決めるのが早い
  • タモリ、さんま…会話の達人はみな2択が得意 ほか)
  • 4章 実践!「2択力」を劇的に高める具体的な方法(立ち食いそばでわかる、決断が早くなるプロセス
  • 「好きの理由」を考える。迷うことを楽しむ ほか)
  • 5章 「2択」で、あなたの人生が変わる(迷わない=悩みがない、後悔がない
  • 「グルグル思考」から抜け出すためには? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 決断できる人は2択で考える
著作者等 石黒 謙吾
書名ヨミ ケツダン デキル ヒト ワ ニタク デ カンガエル
シリーズ名 星海社新書 31
出版元 星海社 : 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-138534-4
NCID BB12905761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想