闇から光へ : ある心理学者の「うつ」からの回復記

ノーマン・S.エンドラー 著 ; 巽美知子, 小泉洋子 共訳

この本は、著者自身のうつ病についての話です。著者は、トロントのヨーク大学で心理学科の教授として研究や執筆の日々を過ごすうちに、うつ病を経験しました。心理学者であり、患者でもあるという著者の立場から、うつ病の個人的な面、専門的な面を織りまぜて読者のみなさまにお伝えする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最良の時
  • 第2章 勝利の時と敗北の時
  • 第3章 暗いトンネル
  • 第4章 暗闇の時期
  • 第5章 うつはうつを生み出す
  • 第6章 薬と翼と多くのことについて
  • 第7章 ECTでよりよく生きる
  • 第8章 小夜曲
  • 第9章 ほらまたはじまったぞ
  • 第10章 情緒障害とリチウム
  • 第11章 汚名!
  • 第12章 私達はここからどこに行くのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闇から光へ : ある心理学者の「うつ」からの回復記
著作者等 Endler, Norman S
Endler, Norman Solomon
小泉 洋子
巽 美知子
Endler Norman S.
エンドラー ノーマン・S.
書名ヨミ ヤミ カラ ヒカリ エ
書名別名 Holiday of darkness
出版元 星和書店
刊行年月 1995.11
ページ数 130p
大きさ 20cm
ISBN 4791103076
NCID BN13867800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96060263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想