聖なる酔っぱらいの伝説 : 他四篇

ヨーゼフ・ロート 作 ; 池内紀 訳

ある春の宵、セーヌの橋の下で、紳士が飲んだくれの宿なしに二百フランを恵む-。ヨーロッパ辺境に生まれ、パリに客死した放浪のユダヤ人作家ロート(一八九四‐一九三九)が遺した、とっておきの大人の寓話。他、ナチス台頭前夜をリアルに描く「蜘蛛の巣」など四篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖なる酔っぱらいの伝説 : 他四篇
著作者等 Roth, Joseph
池内 紀
ロート ヨーゼフ
書名ヨミ セイ ナル ヨッパライ ノ デンセツ : ホカ ヨンペン
書名別名 April

Das Spinnennetz

Sei naru yopparai no densetsu
シリーズ名 岩波文庫 32-462-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.4
ページ数 408p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-324622-1
NCID BB12220854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22245647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ファルメライヤー駅長 ロート ヨーゼフ
四月、ある愛の物語 ロート ヨーゼフ
皇帝の胸像 ロート ヨーゼフ
聖なる酔っぱらいの伝説 ロート ヨーゼフ
蜘蛛の巣 ロート ヨーゼフ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想