米国の対日政策 : 覇権システムと日米関係

川上高司 著

本書は「離反」か「接近」かの岐路にたつ日米関係を「米国からみた対日政策の変遷」という視点から、日米関係の理論的枠組みを加え、戦後50年の史的分析、さらに将来への展望を試みる。内容は「トルーマンと吉田茂」の日米主従時代から「クリントンと橋本龍太郎」の日米変化の時代まで、50年にわたって解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界システムと日米関係
  • 第1章 日米主従の時代(1945〜63年)
  • 第2章 同盟の再構築と経済摩擦の浮上(1964〜82年)-コインの表と裏
  • 第3章 日米パートナーシップと競合関係(1983〜89年)
  • 第4章 "ナショナリズム"と経済的"敵対"(1990〜92年)
  • 第5章 日米「変化」の時代(1993年〜)
  • 終章 ポスト冷戦期の日米関係の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国の対日政策 : 覇権システムと日米関係
著作者等 川上 高司
書名ヨミ ベイコク ノ タイニチ セイサク
書名別名 Beikoku no tainichi seisaku
出版元 同文館
刊行年月 1996.4
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4495432516
NCID BN14382104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96060034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想