地方の王国

高畠通敏 著

新潟、徳島、千葉、滋賀、鹿児島、北海道…。日本中で戦後保守政治の支柱となった"王国"。それらに潜り込み選挙の構造を調査した地方政治研究の重要古典。高度成長の終焉がもたらした各地の構造的変容は、もはや豊かさも手放すべきかと揺れる現代日本を照らし出す。日本政治の底の底、そこに映る日本人像にまで肉薄した迫真のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 越山会の強気と弱気-新潟三区
  • 金権王国の深層海流-千葉
  • 最後の社会党王国-北海道五区
  • 保守王国の地割れ-鹿児島三区
  • 政争王国の十年戦争-徳島
  • "揺れる湖国"の大政翼賛体制-滋賀
  • 越山会"角さん音頭"の気勢-新潟三区再訪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方の王国
著作者等 高畠 通敏
書名ヨミ チホウ ノ オウコク
シリーズ名 講談社学術文庫 2165
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 299p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292165-7
NCID BB12188004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想