民俗と民藝

前田英樹 著

柳田國男の民俗学と柳宗悦の民藝運動-。異なる方法、言葉遣いで展開されたそれらを、成長させた土壌は同じひとつのものだ。それを本書で著者は"原理としての日本"とよぶ。時期を同じくしながら、交わることの少なかった二人の仕事によりそい、二人の輪唱に誘う力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 失われた民謡
  • 農民から「常民」へ
  • 文明開化に抗するもの
  • 民俗学の対象、日々を生きる喜び
  • 工藝の発見
  • 暮らしの器
  • 木喰上人を求めて
  • 民藝運動というもの
  • 民俗学と民藝運動
  • 常民を想って
  • 南の島に在るもの
  • 魂が住む家
  • 籾種を携えて海を渡る
  • 穀霊の宿るところ
  • 生の工藝化としての「本能」
  • "民藝"を産む"民俗の記憶"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗と民藝
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ ミンゾク ト ミンゲイ
書名別名 Minzoku to mingei
シリーズ名 講談社選書メチエ 549
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258552-1
NCID BB12194583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想