生老病死のエコロジー  続 (ヒマラヤとアンデスに生きる身体・こころ・時間)

奥宮清人, 稲村哲也 編

高所における低酸素・低資源環境への適応が、発現情報や変異として高所住民の遺伝子に刻み込まれてきた。しかし現在、急激な経済社会のグローバル化による影響から、遺伝子が想定していなかったライフスタイルの変容が起こり、糖尿病などの生活習慣病が発現している。これを「身体に刻み込まれた地球環境問題」と捉え、医学・人類学・生態学の知見を統合して解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 高所からのメッセージ
  • 第1章 医学と生態・文化の接合
  • 第2章 高所世界とその変容
  • 第3章 時間医学からみた高所住民
  • 第4章 身体に刻み込まれた地球環境問題
  • 第5章 高所住民のこころ
  • 第6章 高所プロジェクトからみた地球環境問題・原論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生老病死のエコロジー
著作者等 奥宮 清人
稲村 哲也
書名ヨミ ショウロウ ビョウシ ノ エコロジー
巻冊次 続 (ヒマラヤとアンデスに生きる身体・こころ・時間)
出版元 昭和堂
刊行年月 2013.3
ページ数 316,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8122-1307-0
NCID BB12447918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想