若松孝二反権力の肖像

四方田犬彦, 平沢剛 編

性とテロルをラディカルに問い続けた稀代の映画人・若松孝二。初期ピンク映画から『実録・連合赤軍』、『11・25自決の日』、『千年の愉楽』まで、半世紀に及ぶ監督作品を総覧する、決定版評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 監禁と逃走
  • 仕掛けられたスキャンダル-「国辱映画」『壁の中の秘事』について
  • 若松映画がベルリン映画祭のコンペを飾る意味
  • 子宮への回帰-六〇年代中期若松プロ作品における政治と性
  • 括弧つきの反復-若松孝二の映画とアクチュアリティ
  • 劣情有理-『理由なき暴行』について
  • 若松孝二、足立正生とパレスチナ問題
  • ラディカリズムの継続-一九七〇年代以降における若松孝二論
  • 連合赤軍の映像
  • 若松孝二における晩年のスタイル
  • 若松孝二インタビュー
  • 沖島勲インタビュー
  • 若松孝二フィルモグラフィー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若松孝二反権力の肖像
著作者等 四方田 犬彦
平沢 剛
書名ヨミ ワカマツ コウジ ハンケンリョク ノ ショウゾウ
書名別名 Wakamatsu koji hankenryoku no shozo
出版元 作品社
刊行年月 2013.4
版表示 増補決定版.
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-435-7
NCID BB12403617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22231587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想