日本の肉用牛経営 : 輸入自由化から20年を経て

農畜産業振興機構 編

[目次]

  • 第1章 日本農業に占める肉用牛生産の意義
  • 第2章 子牛価格の推移とその形成要因(子牛価格の推移とそれをめぐる情勢
  • 子牛価格の形成要因 ほか)
  • 第3章 繁殖経営の現状と課題(地域経済の基盤となる肉用牛生産
  • 繁殖経営の動向-繁殖経営の構造変化が進展 ほか)
  • 第4章 肥育経営の現状と課題(肥育経営の現状
  • 肥育経営の収益性-収益は肥育牛の価格、費用はもと畜費に大きく左右される ほか)
  • 第5章 地方特定品種の経営の現状と課題(褐毛和種日本短角種 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の肉用牛経営 : 輸入自由化から20年を経て
著作者等 農畜産業振興機構
書名ヨミ ニホン ノ ニクヨウギュウ ケイエイ : ユニュウ ジユウカ カラ ニジュウネン オ ヘテ
書名別名 Nihon no nikuyogyu keiei
出版元 農林統計
刊行年月 2013.3
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89732-272-8
NCID BB1232272X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想