立身出世と下半身 : 男子学生の性的身体の管理の歴史

澁谷知美 著

大人たちは、どのようにして少年たちの性を管理しようとしたのか?大人たちは、少年ひいては男性の性や身体を、どのように見ていたのか?この疑問を解明するため、過去の、教師や医師による発言、学校や軍隊、同窓会関連の書類、受験雑誌、性雑誌を渉猟し、当事者へのインタビューを敢行する。探究をつづけて10年-その成果をまとめたのが、この本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と方法
  • 第1章 立身出世と性的行為の非両立-一八九〇年代における性的身体の使用禁止言説
  • 第2章 「学生風紀問題」にみる青少年の性の問題化-一八八五〜一九一二年の『教育時論』記事を中心に
  • 第3章 「男らしい」人生への誘導-一九一〇〜四〇年代の性教育における花柳病言説
  • 第4章 M検と男子学生-一九三〇年代における男子の性の自己管理
  • 結章 まとめと考察-「生産する身体」と「性的身体」がせめぎあう土壌としての男性身体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立身出世と下半身 : 男子学生の性的身体の管理の歴史
著作者等 渋谷 知美
澁谷 知美
書名ヨミ リッシン シュッセ ト カハンシン : ダンシ ガクセイ ノ セイテキ シンタイ ノ カンリ ノ レキシ
書名別名 Risshin shusse to kahanshin
出版元 洛北
刊行年月 2013.3
ページ数 605p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903127-18-7
NCID BB12252704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22241501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想