制度 : 人類社会の進化

河合香吏 編

複雑な関係の連鎖としての現代から議論しようとすると、(制度)の本質には迫れない。サルとヒトの共通祖先にまで遡って捉えてこそ、それは見えてくるのだ。言語を媒介しない「自然制度」にまで一旦遡行し、そこから、狩猟採集社会、より近代的な社会へと分析することで、制度の起原に迫り、更にはヒトの社会関係の本質を捉えようとする秀作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「集団」から「制度」へ-人類社会の進化史的基盤を求めて
  • 第1部 制度の生成機序(制度が成立するとき
  • 死という制度-その初発をめぐって ほか)
  • 第2部 制度表出の具体相(アルファオスとは「誰のこと」か?-チンパンジー社会における「順位」の制度的側面
  • 共存の様態と行為選択の二重の環-チンパンジーの集団と制度的なるものの生成 ほか)
  • 第3部 制度進化の理論(制度以前と以後を繋ぐものと隔てるもの
  • 役割を生きる制度-生態的ニッチと動物の社会 ほか)
  • 第4部 制度論のひろがり(感情のオントロギー-イヌイトの拡大家族集団にみる"自然制度"の進化史的基盤
  • 「感情」という制度-「内面にある感情」と「制度化された妬み」をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 制度 : 人類社会の進化
著作者等 伊藤 詞子
内堀 基光
北村 光二
大村 敬一
寺嶋 秀明
床呂 郁哉
早木 仁成
春日 直樹
曽我 亨
杉山 祐子
河合 香吏
田中 雅一
船曳 建夫
花村 俊吉
西井 凉子
西江 仁徳
足立 薫
黒田 末寿
書名ヨミ セイド : ジンルイ シャカイ ノ シンカ
書名別名 Seido
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.4
ページ数 420p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-87698-282-0
NCID BB12195145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想