こころのアポリア : 幸福と死のあいだで

小林康夫 著

イデアの人・小林康夫の思惟のタペストリー。幸福-モーツァルト『魔笛』、こころ-世阿弥『桧垣』、触覚なき接触-グレン・グールドと電気掃除器、手-ロラン・バルトの"不器用さ"、アナーキズム-吉田喜重「美の美(モネ)」、空虚-ミシェル・フーコー『マネ論』、イマージュ-宮川淳『鏡・空間・イマージュ』他、計32編のエッセー・小論を、辞書的項目を掲げてまとめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幸福の器
  • 2 こころのアポリア
  • 3 からだの真実
  • 4 世界という庭で
  • 5 イマージュ/文字
  • 6 声のダイモーン
  • 7 終わりなき終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころのアポリア : 幸福と死のあいだで
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ ココロ ノ アポリア : コウフク ト シ ノ アイダ デ
書名別名 Kokoro no aporia
出版元 羽鳥書店
刊行年月 2013.4
ページ数 417, 5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904702-39-0
NCID BB12672357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想