年金保険法 : 基本理論と解釈・判例

堀勝洋 著

年金保険法の体系全般にわたりその制度趣旨・目的を丁寧に解説した最新版。法改正に伴い全面改訂。第2版刊行後の最新判例を追加するとともに、年金機能強化法も該当箇所にて現行法と併記し解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 年金保険法の基本理論(「年金」及び「保険」の意義
  • 公的年金保険)
  • 第2編 国民年金法及び厚生年金保険法(保険者、被保険者、適用事業所、国際社会保障協定、標準報酬及び不服申立て
  • 保険給付総論
  • 保険給付各論(老齢給付)
  • 保険給付各論(障害給付)
  • 保険給付各論(遺族給付)
  • 保険財政)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年金保険法 : 基本理論と解釈・判例
著作者等 堀 勝洋
書名ヨミ ネンキン ホケンホウ : キホン リロン ト カイシャク ハンレイ
シリーズ名 厚生年金保険法 (1954)
国民年金法
出版元 法律文化社
刊行年月 2013.4
版表示 第3版.
ページ数 645p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03491-5
NCID BB12222587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想