新・日本文壇史  第10巻 (日本文学から世界文学へ)

川西政明 著

戦後は間もなく七十年、じつに多彩な文学作品が生みだされてきた。この間に、日本の近代文学が抱えていた「私」「家」「性」「神」「戦争」「革命」「存在」「歴史」などの重苦しいテーマはことごとく書かれてしまった。丹羽文雄・舟橋聖一らによる文壇隆盛の時代から、島尾敏雄・吉行淳之介ら「第三の新人」、古井由吉・阿部昭ら「内向の世代」、安部公房、開高健、大江健三郎、遠藤周作、大庭みな子、そして昭和文壇を支えた三島由紀夫・川端康成らの死による文壇の終焉を経て、世界で読まれている村上春樹までの文学世界に迫る。付・総索引、総目次。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第60章 「私」と官能-尾崎一雄、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第61章 三島由紀夫と川端康成の死
  • 第62章 滅形の人-開高健
  • 第63章 世界に向かって立つ大庭みな子
  • 第64章 苦しむ妻・性の光と闇、そして家族-第三の新人島尾敏雄、庄野潤三、吉行淳之介、安岡章太郎、小島信夫、三浦朱門
  • 第65章 一九七〇年以後の文壇-「内向の世代」を中心に
  • 第66章 踏絵を踏んでよい-遠藤周作
  • 第67章 大いなる文学の前衛-安部公房
  • 第68章 開かれた世界へ-大江健三郎
  • 第69章 村上春樹の冒険

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・日本文壇史
著作者等 川西 政明
書名ヨミ シン ニホン ブンダンシ
巻冊次 第10巻 (日本文学から世界文学へ)
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.3
ページ数 348,58p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028370-0
NCID BB12085114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22229113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想