後家の春

山手樹一郎 著

若くして夫を亡くし女手ひとつで息子を育てあげた気丈な後家のお豊、亡き夫の親友で道楽者という評判の銀次郎の2人は、互いに隠居の身という気軽さから揃って国もとへの旅に出たが道中、思わぬ男の出現により秘められた過去が姿を現わした。-人の世の温かさを高らかにうたいあげた傑作時代小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後家の春
著作者等 山手 樹一郎
書名ヨミ ゴケ ノ ハル
シリーズ名 桃園文庫
出版元 桃園書房
刊行年月 1996.4
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 4807803050
全国書誌番号
96059379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想