美と芸術の対話エルヴィン  続

K.W.F.ゾルガー 著 ; 清浦康子 訳

十八世紀ロマン主義美学を代表するゾルガーの主著。美と芸術の構成原理であり、美が担う悲劇的な宿命を説くイロニーの本質を平明かつ文学的な会話体で探索する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美と芸術の対話エルヴィン
著作者等 Solger, Karl Wilhelm Ferdinand
清浦 康子
Solger K.W.F.
ゾルガー K.W.F.
書名ヨミ ビ ト ゲイジュツ ノ タイワ エルヴィン
書名別名 Erwin. (抄訳)
巻冊次
出版元 南窓社
刊行年月 1996.3
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4816501924
NCID BN08558818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96059110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想