トヨタ・クラウン物語 : 国産車の頂点をきわめた半世紀の挑戦

碇義朗 著

最高の志と技術が込められたクルマ。10台のクラウンに反映された、戦後日本の成熟と課題。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ クラウン以前
  • 第1章 クラウン誕生
  • 第2章 二代目クラウン-新たな出発
  • 第3章 白いクラウン-ゆたかになった日本
  • 第4章 行き過ぎたクラウン-デザインの明と暗
  • 第5章 激動の時代のクラウン-排ガス規制と経済の失速
  • 第6章 静かなクラウン-伝統の最高級車
  • 第7章 いつかはクラウンに-名コピー出現
  • 第8章 世界を目指すクラウン-3ナンバー専用ボデー時代の到来
  • 第9章 クラウン・マジェスタ登場-クラウンは進化する
  • 第10章 クラウン・ルネッサンス-日本文化を取り込もう
  • エピローグ 二一世紀への予感

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トヨタ・クラウン物語 : 国産車の頂点をきわめた半世紀の挑戦
著作者等 碇 義朗
書名ヨミ トヨタ クラウン モノガタリ
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1996.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4478380325
NCID BN14199855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96059000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想