中国の情報機関 : 世界を席巻する特務工作

柏原竜一 著

情報活動と国家の意思とは表裏一体の関係にある。では中国の国家的意思とは何かと言えば、世界の覇権国家になることであり、経済成長の自信に裏打ちされた今日、その野望を隠そうとはしていない。現時点では通常戦力でアメリカに劣る中国が、それを補うのが情報活動であり、サイバー戦能力である。中国情報機関がアメリカの最新鋭核弾頭の情報を収集していたことを思い起こすならば、その活動は、着々と成果を上げていると言える。本書は、ほとんど知られていなかった中国情報機関のその実態に、初めて迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国情報活動、その究極の目的
  • 情報活動の主役・国家安全部
  • 誰が情報を分析し、政策決定するのか
  • 軍事スパイ活動の元締め-総参謀第二部
  • 情報剽窃-総参謀第三部
  • サイバー攻撃-総参謀第四部
  • 官民あげての経済インテリジェンス
  • 中国を脅かす「五毒」
  • 冷戦の背後に秘められた米中関係
  • 中ロ蜜月、冷戦終結以降の大転換
  • インテリジェンスから見た習近平政権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の情報機関 : 世界を席巻する特務工作
著作者等 柏原 竜一
書名ヨミ チュウゴク ノ ジョウホウ キカン : セカイ オ セッケン スル トクム コウサク
書名別名 Chugoku no joho kikan
シリーズ名 祥伝社新書 311
出版元 祥伝社
刊行年月 2013.3
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11311-7
NCID BB12147834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22215483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想