ミルチャ・エリアーデ : 聖なるものをめぐる哲学

マルセリーノ・アヒース=ビリャベルデ 著 ; 平田渡 訳

空前絶後の宗教史家ミルチャ・エリアーデの中心思想と方法論を余すところなく捉えた、新進気鋭28歳のスペイン人哲学研究者マルセリーノ・アヒース=ビリャベルデの怖るべき才能をつぶさに伝える学会デビュー作、本邦初登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人と作品(伝記に関する簡潔なメモ
  • 作品を理解するために必要な要素)
  • 第2章 聖なるものへの最初のアプローチ(聖なるもの対俗なるもの
  • 聖体顕現)
  • 第3章 シンボルと神話における聖なるもの(シンボルと文化
  • 神話)
  • 第4章 空間と時間における聖なるもの(聖なる空間
  • 聖なる時間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミルチャ・エリアーデ : 聖なるものをめぐる哲学
著作者等 Agís Villaverde, Marcelino
平田 渡
Ag'is Villaverde Marcelino
アヒース=ビリャベルデ マルセリーノ
書名ヨミ ミルチャ エリアーデ : セイナル モノ オ メグル テツガク
書名別名 Mircea Eliade
シリーズ名 関西大学東西学術研究所訳注シリーズ 16
出版元 関西大学東西学術研究所
刊行年月 2013.3
ページ数 353p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87354-563-9
NCID BB12108311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22251401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想