「義経伝説」空白の殺人

中津文彦 著

天才的戦略家・悲劇のヒーロー、源義経はさまざまな伝説に包まれている。その中で有名なものは「義経は平泉で死んだのではなく、生き延びて北へ向かった」という北行説だ。ところがここに、北ではなく、密かに京に潜入し、朝廷と組んで鎌倉の頼朝に叛旗を翻そうとしたのでは、という古文書が発見された。この衝撃的な発見が殺人事件を生んでいく…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「義経伝説」空白の殺人
著作者等 中津 文彦
書名ヨミ ヨシツネ デンセツ クウハク ノ サツジン
書名別名 Yoshitsune densetsu kuhaku no satsujin
シリーズ名 双葉文庫
出版元 双葉社
刊行年月 1996.4
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 4575505595
全国書誌番号
96058023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想