詩と存在・その逆説的な出会い

田中房太郎 著

本書は、主に著者のラスコーリニコフ、あるいはムイシュキンについての考察を紹介。この人間存在への間と沈黙の言葉は、本書の諸論の基調になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 風景の変容
  • 2 詩人の表現位置
  • 3 叙景の論理の逆説
  • 4 詩人の生と死
  • 5 空間の受容とその表現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩と存在・その逆説的な出会い
著作者等 田中 房太郎
書名ヨミ シ ト ソンザイ ソノ ギャクセツテキナ デアイ
シリーズ名 詩論・エッセー文庫 8
出版元 土曜美術社出版
刊行年月 1996.4
ページ数 139p
大きさ 19cm
ISBN 4812005736
NCID BN14884769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想