看護理論集 : より高度な看護実践のために

Julia B.George 編 ; 南裕子, 野嶋佐由美, 近藤房恵 他訳

原著第6版を邦訳第3版として刊行。新たな理論家としてPender、Bennerを加え、看護実践に視座を据えながら、最新の看護理論とそれらが看護界に与えた影響を分析的に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 看護理論への入門
  • 看護理論と臨床実践
  • Florence Nightingale:環境モデル
  • Hildegard E.Peplau:看護における人間関係
  • Virginia Henderson:看護の定義と要素
  • Dorothea Elizabeth Orem:セルフケア不足看護理論
  • Imogene M.King:概念システムと目標達成理論
  • Martha E.Rogers:ユニタリ・ヒューマンビーイングの科学
  • Sister Callista Roy:Roy適応モデル
  • Betty Neuman:Neumanシステムモデル〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護理論集 : より高度な看護実践のために
著作者等 George, Julia B
南 裕子
近藤 房恵
野嶋 佐由美
ジョージ ジュリア・B.
書名ヨミ カンゴ リロンシュウ : ヨリ コウド ナ カンゴ ジッセン ノ タメ ニ
書名別名 NURSING THEORIES

Kango rironshu
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 2013.3
版表示 第3版.
ページ数 532p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8180-1718-4
NCID BB12075733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22355174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想