「伝説」はなぜ生まれたか

小松和彦 著

能登半島・旧柳田村「猿鬼伝説」、高知県・旧物部村「いざなぎ流の祭文」、戸隠・箱根「九頭龍伝説」。神話学、文化人類学を背景に日本の伝説・説話を読みなおし、日本文化の核心を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「物語る行為」の宇宙-出来事・記憶・歴史
  • 第1章 猿鬼の棲む洞窟-誰が猿鬼を退治したか
  • 第2章 遷移する天竺-「お伽草子」から「いざなぎ流祭文」へ
  • 第3章 龍が生きている山-九頭龍信仰論への視角
  • 第4章 琵琶怪異譚-霊と幻想のメディア
  • 第5章 天皇と異界-王化された妖怪退治・生贄伝説を読みとく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「伝説」はなぜ生まれたか
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ デンセツ ワ ナゼ ウマレタカ
書名別名 Densetsu wa naze umaretaka
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2013.3
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-653273-2
NCID BB12109427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想