ロシアとソ連

下斗米伸夫 著

宗教改革において熾烈な迫害を受けながら、闇に集い生き延びた古儀式派と呼ばれる者たち。しかし、彼らは激動の革命史のなかで復活を遂げ、ロシア史に多大な影響を与えることになる。宗教の観点から切り込み、長らくタブーとされてきた古儀式派の存在に挑んだ、新しいロシア史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古儀式派とは何か
  • 第2章 古儀式派の再生
  • 第3章 二〇世紀ロシアと古儀式派
  • 第4章 ボリシェビキ革命と宗教
  • 第5章 ソビエト体制と宗教
  • 第6章 ソ連体制の展開とコムニズム
  • 終章 ソ連崩壊と宗教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアとソ連
著作者等 下斗米 伸夫
書名ヨミ ロシア ト ソレン : レキシ ニ ケサレタ モノタチ : コギシキハ ガ カエタ チョウタイコク ノ レキシ
書名別名 歴史に消された者たち : 古儀式派が変えた超大国の歴史

Roshia to soren
出版元 河出書房新社
刊行年月 2013.3
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-22590-6
NCID BB12127553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22220987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想