植民地近代性の国際比較 : アジア・アフリカ・ラテンアメリカの歴史経験

永野善子 編著

[目次]

  • 第1章 親日であれ親米であれ我が郷土-植民地台湾で育った米軍政下琉球の沖縄人文化行政官
  • 第2章 脱植民地化の課題と「左翼」ナショナリズム-金斗鎔の場合
  • 第3章 抵抗の歴史としての反米ナショナリズム-レナト・コンスタンティーノを読む
  • 第4章 植民地期タガログ語短編小説にみる教育と近代-農村・学歴・植民地都市
  • 第5章 非常事態時期マラヤにおける植民地的/冷戦的近代化とその横領-スクウォッター再定住事業と植民地政府、華人有力者、地域住民の行動
  • 第6章 相互行為としての制度-タイ農村における研修と選挙の集まりの場から
  • 第7章 タイ近代性としての小農的世界-タイ東北部市場における米の価格形成の問題を中心にして
  • 第8章 アフリカの植民地近代性-「宗教」の侵入について
  • 第9章 スワヒリ語による国民国家建設と植民地近代性論-その可能性と不可能性をめぐって
  • 第10章 ラテンアメリカにおける西欧中心主義近代化思想の克服-ボリバル、マルティ、キューバ、ボリビア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地近代性の国際比較 : アジア・アフリカ・ラテンアメリカの歴史経験
著作者等 中林 伸浩
小馬 徹
尹 健次
岡田 泰平
後藤 政子
村井 寛志
永野 善子
泉水 英計
神奈川大学人文学研究所
菅原 昭
高城 玲
書名ヨミ ショクミンチ キンダイセイ ノ コクサイ ヒカク : アジア アフリカ ラテン アメリカ ノ レキシ ケイケン
シリーズ名 神奈川大学人文学研究叢書 / 神奈川大学人文学研究所 編 31
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2013.3
ページ数 308p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-275-01016-2
NCID BB1206980X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想