中国人と名古屋人

岩中祥史 著

内村鑑三といえば、無教会主義キリスト教と非戦主義で世界的にも名を知られる思想家である。その内村が、ある原稿で「中国人」と「名古屋人」とを並べて、ここまで言っていいのかと思えるほど、こきおろしている。曰く、「救済の希望絶無なる者は、知恵のある者なり。中国人のごとき、名古屋人のごとき、ほとんどこの絶望の淵に瀕するなり」-。「知恵」はあっても「救済の希望絶無」とは、いったいどんな意味なのか。内村鑑三は、何をもってそう断定したのか。名古屋出身の著者の旅はそんな疑問から出発した。そして、到達した結論は…。日本人の肺腑を鋭くえぐるユニークな文明論。対中国(人)ビジネスに悩む方にとっても福音の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜ、「中国人と名古屋人」なのか?
  • 第1部 "中華思想"ではどちらも負けない
  • 第2部 中国人と名古屋人の共通点
  • 第3部 中国人と名古屋人との違いは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国人と名古屋人
著作者等 岩中 祥史
書名ヨミ チュウゴクジン ト ナゴヤジン
出版元 はまの
刊行年月 1995.9
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 489361195X
NCID BN13596259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想