国際取引課税

五味雄治, 大崎満 著

国際取引課税は絶えず変化する世界経済の動向に合わせ、国際取引の実務の要請から生じたものであるが、各国の制度の共通化も要請される。本書は、その理論と実務について、欧米と比較対比させながら、我が国の制度を解説し、その問題点、今後の検討課題等を指摘したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 国際課税の仕組み
  • 第2編 移転価格税制
  • 第3編 タックス・ヘイブン対策税制
  • 第4編 外国税額控除制度
  • 第5編 過少資本税制
  • 第6編 租税条約をめぐる近年の諸問題-トリティー・ショッピング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際取引課税
著作者等 五味 雄治
大崎 満
書名ヨミ コクサイ トリヒキ カゼイ
書名別名 その理論と実務

Kokusai torihiki kazei
出版元 財経詳報社
刊行年月 1996.4
ページ数 443p
大きさ 21cm
ISBN 4881771485
NCID BN1456230X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想