刑法総論演習

立山竜彦 著

本書は、これから初めて刑法学を学ぼうとしている諸君を対象としたものである。アメリカの諸大学で法律学を学ぶ際の方法であるケース・スタディー、すなわち、まず具体的事例の考察を進め、その事例を解決するに必要な基礎知識および判例等を学ぶことによって、その背後に存する刑法学の原理が自ずと理解できるようにする方法をとった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 罪刑法定主義
  • 学派の争い
  • 限時法
  • 刑法の効力
  • 法人の犯罪能力
  • 行為の意義
  • 犯罪行為
  • 因果関係
  • 因果関係と他の事情の介入
  • 違法性論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法総論演習
著作者等 立山 竜彦
書名ヨミ ケイホウ ソウロン エンシュウ
出版元 北樹
刊行年月 1996.4
版表示 新版.
ページ数 171p
大きさ 22cm
ISBN 4893845527
NCID BN14514726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想