妻敵討ち綺談 : 一椀の水のゆえに

西村望 著

越中魚津の町奉行・柚木於兎吉の妻・佳詠は、子もない留守宅暮らしに退屈しきっていた。寺旨での帰路、幼馴染みで夫の同僚・壬生甚吾の誘いに応じたことで、情欲の炎が燃え始めた。だが、秘め事が人に知れることとなり、二人は一切を捨て金沢城下から飛騨高山、東海道知立と逃避行を続ける…色情の魔道に墜ちた女を、武士の一分に賭けて追いつめる夫。皮肉な運命の糸に翻弄される男女を描く異色時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻敵討ち綺談 : 一椀の水のゆえに
著作者等 西村 望
書名ヨミ メガタキウチ キダン
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1996.4
ページ数 349p
大きさ 16cm
ISBN 4198904944
全国書誌番号
96056460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想