越境する感性

三浦 清宏;ピーターセン マーク;ロベルト オエスト;菅井 幸雄【著】

俳句からhaikuへ。民族・世代を越える感性・表現とは。現代文芸から問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「出家」後の問題-悟りと超能力
  • 2 スペイン語圏における日本文学の受容-ヒューマニズムへの共感
  • 3 『夕鶴』からの問いかけ
  • 4 外から見た日本的感性-俳句からhaikuへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する感性
著作者等 明治大学人文科学研究所
ピーターセン マーク
ロベルト オエスト
菅井 幸雄
三浦 清宏
書名ヨミ エッキョウスル カンセイ
書名別名 Ekkyosuru kansei
シリーズ名 明治大学公開文化講座 15
出版元 明治大学人文科学研究所
刊行年月 1996.3
ページ数 162p
大きさ 18cm
ISBN 4759909877
NCID BN14330326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96056334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想