動脈硬化・高脂血症

山田信博 編

本書では、粥状動脈硬化症に対して内科的にアプローチするさいに知っておきたい血管壁の病態生理や高脂血症の病態生理を詳述して、現在の診断法や内科的治療法の理論的バックグラウンドを理解できるように努めた。また、治療成績の現状や最近のトピックスについても紹介した。病態生理から考えられる内科的治療法は幅広い可能性を有しており、本領域の今後の展開が期待されている。現在は高脂血症や高血圧などの危険因子に対するアプローチが中心であるが、近い将来には血管壁プラークへの直接的なアプローチが開発されることが予想される。そこで本書では分子遺伝学的手法も含めた新しいアプローチの研究成果についても紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Current Review
  • 2 Q&A
  • 3 高脂血症の病態と診断の進め方
  • 4 治療の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動脈硬化・高脂血症
著作者等 山田 信博
山口 徹
島田 和幸
矢崎 義雄
書名ヨミ ドウミャク コウカ コウシケッショウ
シリーズ名 循環器now no.12
出版元 南江堂
刊行年月 1996.3
ページ数 222p
大きさ 26cm
ISBN 4524245936
NCID BN14042456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96055909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想