イスラームとスーフィズム : 神秘主義・聖者信仰・道徳

東長靖 著

従来「イスラーム神秘主義」と訳され、知的エリートの深遠な思索がクローズアップされてきたスーフィズム。本書は、聖者信仰・「教団(タリーカ)」など民衆的要素や歴史的・地域的展開もふまえ、その多様な姿を文献とフィールドから総合的に把握、イスラームの中核に位置づけた画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 スーフィズムへの視座(スーフィズム研究の歴史と潮流
  • スーフィズムの分析枠組-三極構造論
  • スーフィズムの歴史)
  • 第2部 神秘主義としてのスーフィズム-存在一性論学派を中心に(イブン・アラビーと存在一性論学派
  • 存在一性論学派の顕現説における「アッラー」の階位-カーシャーニーとジーリーを中心として
  • 存在一性論学派における存在論と完全人間論-ジーリーを中心に
  • 存在一性論学派の地域的展開と地域的偏差)
  • 第3部 民間信仰としてのスーフィズム-聖者信仰をめぐって(イスラーム聖者の二系列-スーフィー聖者と非スーフィー聖者
  • イスラームの聖者論と聖者信仰-イスラーム学の伝統のなかで)
  • 第4部 イスラームのなかのスーフィズム-その位置づけをめぐって(マムルーク朝初期のタサウウフの位置づけ-イブン・タイミーヤの「スーフィズム」批判を中心として
  • マムルーク朝末期におけるタサウウフをめぐる論争-ビカーイー・スユーティー論争を中心に
  • スンナ派とスーフィズム-ワッハーブ派への反批判をめぐって)
  • 「多神教」的イスラーム-スーフィー・聖者・タリーカをめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラームとスーフィズム : 神秘主義・聖者信仰・道徳
著作者等 東長 靖
書名ヨミ イスラーム ト スーフィズム : シンピ シュギ セイジャ シンコウ ドウトク
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2013.2
ページ数 301p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0721-4
NCID BB12076587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22224062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想