法政策学の試み  第14集

神戸大学法政策研究会 編

[目次]

  • 第1部(国際的な独占禁止法事件における最近の課題-域外適用、課徴金・制裁金等、課徴金減免制度(リニエンシー)のあり方
  • TPP参加問題と日本の外交政策)
  • 第2部 会員論文(国による地方自治体への関与と司法統制
  • 遺伝子組み換え作物の危険性とその対応-アメリカ合衆国におけるGM作物に関する対応の研究
  • 英国における地方公共団体の監査制度
  • 受刑者のリプロダクションの権利に対する刑事政策-女子受刑者の妊娠中絶の自由はいかに保障されるべきか
  • 職場における労働者の健康の確保-産業歯科医の新たな役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法政策学の試み
著作者等 角松 生史
泉水 文雄
神戸大学法政策研究会
法政策研究会
書名ヨミ ホウセイサクガク ノ ココロミ : ホウセイサク ケンキュウ
書名別名 特集・独禁法の域外適用

法政策研究

Hoseisakugaku no kokoromi
巻冊次 第14集
出版元 信山社
刊行年月 2013.2
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-2716-1
NCID BB1202993X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想