環境の日本史  3

井原 今朝男【編】

複雑な気候と変化に富んだ地形をもつ日本列島。豊かな自然が生物多様性を生み出すなか、中世ではいかなる開発が行われ生業が発展したのか。資源の枯渇を防ぐための工夫などから、生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 気候・地形環境と中世社会(気候変動と中世農業
  • 海岸線の変動と交通環境-伊勢湾沿岸部を事例に
  • 中世東海地方の海岸平野の形成と人々
  • 景観からみる水辺の環境と「環境」)
  • 2 自然猛威のもとでの開発と生業の多様性(災害と開発
  • 生業の多様性と資源管理
  • 荘園・村落の山野河海と生業
  • 年中行事と生業の構造-ビワコのフナ属の生体を基軸として)
  • 3 人と環境をめぐる宗教・政治・社会意識(狩人・漁人・武士と殺生・成仏観
  • 戦国・織豊期の地域開発と社会意識の変化
  • 大地のもつ野生のちから
  • 中世の生業・技術・呪術-神仏・人・山野河海の関係史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境の日本史
著作者等 井原 今朝男
伊藤 裕偉
榎原 雅治
橋本 道範
水野 章二
田村 憲美
盛本 昌広
磯貝 富士男
苅米 一志
阿部 浩一
青山 宏夫
黒田 智
書名ヨミ カンキョウ ノ ニホンシ
書名別名 中世の環境と開発・生業

Kankyo no nihonshi
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.3
ページ数 323p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-01725-1
NCID BB11940166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22215612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想