儒家の道徳論 : 孔子・孟子・易の道

千徳広史 著

中国の「聖人の道」とはなにか。孔孟の儒家にとっても老荘の道家にとっても、「道」は究極にある最重要な思想である。本書は、孔・孟・易の儒家によって「道」がどのように考えられていたかを究めた思想史の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 道徳論
  • 第1章 論語における人間観
  • 第2章 論語における学と知
  • 第3章 論語における道徳
  • 第4章 孟子の道徳論
  • 第5章 儒家と易
  • 第6章 儒家の形而上者
  • 結章 儒家の道徳論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 儒家の道徳論 : 孔子・孟子・易の道
著作者等 千徳 広史
千徳 廣史
書名ヨミ ジュカ ノ ドウトクロン
書名別名 Juka no dotokuron
シリーズ名 孟子 (経典)
易経
論語
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1996.3
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4831507172
NCID BN14178141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96055494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想