検証・PKOと自衛隊

前田哲男 編著

推進か、反対か-。"国論"を二分して論争の末に、自衛隊が海を渡って3年。派遣されたカンボジア、モザンビーク、ザイールで、自衛官は何を体験したか。また送りだした国民の側は、それをどのような教訓として受けとめるのか。凍結されたPKF(歩兵)任務をどうするかも含め、改めて真剣な議論が要請されている。本当にこの武装組織を送る必要があったのか。別組織の主張はもう無意味なのか。現地をつぶさに取材した著者が、政治家、外務省・防衛庁の高官、派遣された自衛隊幹部、反対派らにインタビュー、併せて阪神・淡路大震災における自衛隊出動を検証し、新たな自衛隊像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-なぜいま再びPKOか
  • 2 カンボジア派遣を検証する
  • 3 モザンビーク、ザイール派遣を検証する
  • 4 宮沢喜一元首相に聞く
  • 5 阪神・淡路大震災への出動を検証する
  • 6 終わりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証・PKOと自衛隊
著作者等 前田 哲男
書名ヨミ ケンショウ ピーケイオー ト ジエイタイ
書名別名 Kensho pikeio to jieitai
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.3
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4000019120
NCID BN14136764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想