障害児早期療育ハンドブック : 東京発・発達支援サービスの実践

船越知行 編著

障害児が生まれると、親は悲嘆の涙が乾く間もなく、障害のある子の将来のことや教育プランについて思い悩まなければならない。とりわけ早期療育は重要で、その選択いかんによってはその子の将来が大きく左右される。本書は、東京における実践の中で培われてきた、発達支援のためのシステムやノウハウについて、あますとこなく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 施設の役割とは?
  • 2 専門家の役割
  • 3 指導と評価
  • 4 地域サービス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害児早期療育ハンドブック : 東京発・発達支援サービスの実践
著作者等 船越 知行
書名ヨミ ショウガイジ ソウキ リョウイク ハンドブック
出版元 学苑社
刊行年月 1996.3
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 4761496010
NCID BN14304960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想