構成行為の発達と障害

大庭重治 著

従来、構成行為の発達メカニズムや、障害児が示す構成行為の特性とその獲得過程に関して組織的な検討がなされなかったため、教育の現場においては試行錯誤的な指導が繰り返されてきた。本書では、これらの問題に接近するための文献検討と一連の実験結果から、構成行為の発達変化や知能障害児におけるつまずきの様相、及びその改善を導く際の観点が示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 構成行為研究史概観
  • 第2章 本研究の目的と方法論
  • 第3章 描画行為の発達
  • 第4章 知能障害児の描画行為
  • 第5章 組立行為の発達
  • 第6章 知能障害児の組立行為
  • 第7章 総合考察と結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構成行為の発達と障害
著作者等 大庭 重治
書名ヨミ コウセイ コウイ ノ ハッタツ ト ショウガイ
書名別名 Kosei koi no hattatsu to shogai
出版元 風間書房
刊行年月 1996.3
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 4759909796
NCID BN14077224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想