日本をどう変えていくのか : 「改革」の時代を考える

渡辺洋三 著

「改革」ということばは、1990年代のキーワードとなった観がある。だが、いったい何をどう「改革」すべきなのか。家族や消費生活、災害対策から政治・司法・外交等々、政治・社会全般にわたって、国民の立場から「改革」の性格また問題点を整理し、向かうべき真の改革の方向を提言する。好評既刊『日本社会はどこへ行く』の姉妹編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族と法の改革-女性の人権を中心として
  • 2 消費生活の安全保障
  • 3 災害と国の責任
  • 4 国民のための司法改革
  • 5 自衛隊と核安保
  • 6 行政改革と政治改革
  • 7 改革と憲法-むすびに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本をどう変えていくのか : 「改革」の時代を考える
著作者等 渡辺 洋三
書名ヨミ ニホン オ ドウ カエテイクノカ
書名別名 Nihon o do kaeteikunoka
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.3
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4004304369
NCID BN14060414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想