国家の形成 : 人類学・考古学からのアプローチ

植木武 編著

本書は、欧米の研究者により進められてきた人類学・考古学的観点に立つ国家形成の理論の紹介とともに、日本の国家形成が人類史的な視野の中に、どのように位置づけられるものなのか、その視点を探ろうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 初期国家の理論
  • 2 人口モデル-島嶼的脈絡において
  • 3 灌漑モデル
  • 4 闘争・戦争モデル
  • 5 長距離交易モデル
  • 6 日本列島の国家形成
  • 7 中国文明と国家の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家の形成 : 人類学・考古学からのアプローチ
著作者等 植木 武
書名ヨミ コッカ ノ ケイセイ
書名別名 Kokka no keisei
出版元 三一書房
刊行年月 1996.3
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 4380962245
NCID BN14177309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想