宮沢賢治・時空の旅人 : 文学が描いた相対性理論

竹内薫, 原田章夫 著

「春と修羅」「注文の多い料理店」「双子の星」「銀河鉄道の夜」を題材に、時空間の中を自在に行き交う賢治の世界を解明した文芸的科学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 春と修羅(四次元時空図とは何か)
  • 第2章 注文の多い料理店(相対性原理と光速度不変の原理)
  • 第3章 双子の星(相対論の帰結)
  • 第4章 銀河鉄道の夜(相対論のまとめとパラドックス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治・時空の旅人 : 文学が描いた相対性理論
著作者等 原田 章夫
竹内 薫
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ジクウ ノ タビビト
書名別名 Miyazawa kenji jiku no tabibito
出版元 日経サイエンス社
刊行年月 1996.3
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 4532520525
NCID BN14320322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96053417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想