零の力

室井光広 著

芥川賞作家の文学観を示す初の評論集。ボルヘス論(「群像」新人賞)を含む渾身の全5篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 零の力-J・L・ボルヘスをめぐる断章
  • 木乃伊取り-実践的批評について
  • 霊の力-エズラ・パウンドを思う
  • 批評家失格という事-初期小林秀雄の可能性
  • 声とエコーの果て-新三位一体論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 零の力
著作者等 室井 光広
書名ヨミ ゼロ ノ チカラ
出版元 講談社
刊行年月 1996.3
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4062081385
NCID BN14327886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96053408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想