人間史をたどる

片山一道 [ほか]著

本書は、自然人類学のエッセンスを集めた本である。かなり内容が多岐にわたるが、ともかく総花的になることを避けるため、いくつかのテーマを選んで、それぞれの専門研究者が噛み砕くように執筆した。全章を通じて、何か特別な主題を貫こうとする意図はない。自然人類学が攻撃する範囲をできるだけ有効にアピールしようというのが、本書の最大の狙いである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間のはるかなる過去-人類以前の物語
  • 第2章 化石が語る人類の道のり-人類の進化の物語
  • 第3章 アメリカ大陸とオセアニアへの拡散-モンゴロイド物語
  • 第4章 古人骨から探る日本人のルーツ-日本列島人‐50万年の歩み
  • 第5章 ヒトさまざま-遺伝子でたどる地球上の人間模様
  • 第6章 遺伝子でたどる人間への道-突然変異から意識の進化まで
  • 第7章 人間の骨格案内-骨が語る人間の履歴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間史をたどる
著作者等 中橋 孝博
五百部 裕
土肥 直美
斎藤 成也
片山 一道
書名ヨミ ニンゲンシ オ タドル
書名別名 自然人類学入門

Ningenshi o tadoru
出版元 朝倉書店
刊行年月 1996.4
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 4254170963
NCID BN14152920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96053069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想