消費される<宗教>

島薗進, 石井研士 編

資本主義社会の高度消費・情報化の裏で進行する宗教と人間精神の変質を、気鋭の宗教学者・社会学者があばく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 徹底討論 オウム・消費・メディア
  • 第2部 高度消費・情報化社会の宗教(聖の商業化-宗教的奉仕と贈与の変容
  • 消費社会の宗教性
  • 葬法の革新を求めて-情報化時代の葬送と墓制
  • マンガ文化のなかの宗教
  • 情報化と宗教)
  • 第3部 メディアと知の変容(占い本と近代-商品化された知の権威をめぐって
  • 暦の変遷と六曜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費される<宗教>
著作者等 島薗 進
石井 研士
書名ヨミ ショウヒサレル シュウキョウ
出版元 春秋社
刊行年月 1996.3
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 4393291204
NCID BN14342890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96052778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想